満願達成

2年前の1月から主人と二人で近江西国三十三箇所を巡拝していました。
それが、ついに今日、満願達成しました。

第11番 己高山 石道寺
とっても、のどかな場所にありました。
途中の道に、こんなかわいいオブジェを発見。

石道寺1

木像十一面観音立像が祀られています。
石道寺2

そこから車で約10分。
第十番 龍頭山 大澤寺

大澤寺

ここは役員さんたちがお世話をされているようです。
電話をすると、すぐに来て下さいました。
冬の間は雪で階段の上り下りが困難なので閉まっているそうです。

第九番 石立山 大崎寺

大崎寺1

本当は桜の時期に来たかったのですが、桜の名所で大渋滞になる所なので今になりました。
目の前には琵琶湖を見下ろせます。

大崎寺2

第八番 青蓮山 酒波寺
ついに最後のお寺になりました。

酒波寺1

長い石段の途中に立派なエドヒガンザクラがあります。
樹齢400年だそうです。
ここも桜の時期には大勢の人たちで賑わうそうです。

酒波寺2

2年かかりましたが、無事に満願達成できて良かったです。
さて、今度はどんな目的を持って旅を始めようかな。

見納めかな

お気に入りの場所に紅葉を見に行きました。
ここ数年、観光客が増えているので、9時過ぎに到着するように家を出ました。

教林坊

今年も素晴らしい紅葉でした。
帰る頃には遠くからの観光バスがドンドンやって来ました。
セーフ♪

教林坊

それから、方向転換して、近江西国三十三箇所第七番 白蓮山 長谷寺に行きました。
こちらも、途中で紅葉観光の渋滞に巻き込まれましたが、合流点を過ぎると後はスムーズに到着。

長谷寺

すぐ横を登山道があります。
トイレで見つけた面白い貼り紙。

201711252012323bb.jpg

きれいな水の小川でした。

20171125201248b7b.jpg

今回も無事に参拝出来ました。
帰宅途中にある白髭神社の鳥居です。
広島の厳島神社みたいでしょ。
七五三もあって、大勢の人が写真を撮っていました。

白髭神社

お腹が空いたので、寄り道。
期間限定の牡蠣小屋を見つけました。
こういう食べ方は初めてでしたが、美味しかったです。

牡蠣

今年の紅葉はこれで終わりかな。
西国巡りもあと四ヶ所。
桜の名所が近くにあるので、春頃に行く予定です。

エキストラ気分

連休の間に、紅葉を見ながらお寺に行ってみようと思い立ち、出かけました。
近江西国三十三カ所。
三十一番 寿亀山 正福寺

正福寺1
徳川五代将軍綱吉公が子宝に恵まれず、当時十一面観音菩薩が霊佛なるを聞き、実堂大和尚が観音教一萬巻読懇祷いたしましたところ、ご世嗣徳松君がご誕生され、それ以降、徳川家の祈祷寺として三つ葵の紋を下賜されました。

正福寺2

本堂内には北向きの世嗣、安産、厄除けの十一面観世音菩薩等が安置されています。

正福寺3

第三十番 補陀落山 桧尾寺

桧尾寺1

尻尾から火をふく大蛇を伝教大使が静めたという伝説が残る。
千手観音が安置されている。

桧尾寺2

第二十九番 福生山 木樂野寺(木偏に樂)
いちいの観音
日本最大坐仏の十一面観世音菩薩がご本尊です。
平成30年10月にはご本尊大開帳法要が行われます。

樂野寺

この後、NHKで放送されている「わろてんか」で、主人公てんと旅芸人の藤吉が出会った場面のロケ地、油日神社に行きました。
ロケの様子が数枚の写真に写っていました。

油日神社

ファンらしき人たちも 何人か来られていましたよ。
自分もエキストラの一人になった気分でした。

歴史を動かす出会いの場!?

8月に入って初めて休みを取りました♪
とっても水のきれいな所に行ってきました。
魚が泳いでるの見えますか?鱒です。

清流

近江西国霊場 第十三番 普門山 松尾寺です。
これを撮ってる私の足元に、とっても大きなトカゲがいました。

松尾寺1

飛行観音という珍しい観音様がご本尊です。
旅の守り仏だそうです。
住職様が、一つ一つ、とっても丁寧に面白く説明して下さいました。

松尾寺2

近くには醒ケ井養鱒場や、梅花藻で有名な川があります。
写真の梅花藻は水の駅で撮りました。

梅花藻

その後、伊吹山の麓まで足を伸ばしました。
近江西国霊場 第十二番 伊富貴山 観音寺。
参道には三成道と書かれた黄色いのぼりがズラッと立っていました。

観音寺1

寺の小僧であった石田三成が鷹狩で立寄った豊臣秀吉に茶を献じたお寺です。
ご本尊は千手観音様です。

観音寺2

もうすぐ映画「関ヶ原」が始まるので、紹介などがされていました。
この旗は実際に映画で使われたものです。
「天下の元で一人が万民のために、万民が一人のためにという世の中になればすべての人が吉となり太平の世が訪れる」という幸運を願う三成の旗紋です。

石田三成

有名な「三献の茶」の水を汲んだと言われている井戸。

三成井戸

山門の近くには、こんな可愛らしい案山子が出迎えてくれました。

かかし

今回はきれいな水と、歴史をたっぷり感じたお参りでした。

お参り

朝からピロリ菌検査の結果を聞き行き、異常なしということでホッ。
そこで約9ヶ月ぶりに近江西国霊場巡りに行ってきました。

第二十六番 大岡山 大岡寺(ダイコウジ)
大岡寺1
山門の屋根が落ちそうでちょっとスリル。

686年僧行基が諸国行脚に際し、大岡山の山頂に自彫の十一面千手観世音像を安置し創建したという。

大岡寺2

当寺には史跡が多く、鴨長明発心ノ所で巌谷一六の記念碑や、芭蕉の「命二つ中に活きたる桜かな」の句碑などがある。この句に詠まれた桜は大岡寺の桜として、水口八景の一つに数えられている。

大岡寺3

そこからのどかな田園を車で10分ほど走った所。
二十七番 楊柳山 千光寺
ここから先は山道を歩いて行きます。

千光寺1

749年天台宗の寺院として造営されました。
かつては十坊があり、甲賀六大寺のひとつに数えられた巨刹でした。
現在では無住寺で甲賀市が管理されているようです。

千光寺2

お盆なので、ここから比較的近いぽぽちゃんのお墓にお参りに行きました。
一番上にあります。
ぽぽちゃん、暑いねえ。お友達と遊んでる?
はるちゃんは元気だよ。

ぽぽのお墓

それから牧場でジェラートを食べて帰宅しました。
やぎ